女性の愛液の正体

ヘッダー

女性の愛液の正体


セックスの仕方トップ > 男子 > 性の雑学 > 女性の愛液の正体

セックスの仕方トップ > 女子 > 性の雑学 > 女性の愛液の正体


<女性の愛液の正体>


愛液は、さまざまな分泌液が混じりあった液体です。


愛液 = 
膣分泌液 + スキーン腺液 + バルトリン腺液


実際には、その
ほとんどが「膣分泌液」で占められています。



1、膣分泌液が出る仕組み


まず、女性は興奮すると下半身に血液が集中します。・・これは男性も同じですね(笑)


次に、
血液中の液体成分が膣壁から染み出ます。これが「膣分泌液」です。



2、膣分泌液の成分


膣分泌液は、血液中の血漿(けっしょう)が主成分です。この血漿は汗の一種で、90%が水分でできています。つまり、膣分泌液のほとんどは
水分なんですね。


膣分泌液は、無色透明で少しネバネバしています。汗の一種ですので、舐めるとしょっぱいです。



3、その他の分泌液


スキーン腺液・・・尿道口の左右の「スキーン腺」から極少量の液体が分泌します。


バルトリン腺液・・・膣口の左右の「バルトリン腺」から極少量の液体が分泌します。粘り気が強いです。



以上、膣分泌液、スキーン腺液、バルトリン腺液が混じりあって、少し白いネバネバした「愛液」となります。




(補足)潮吹きの正体


女性が潮をふく時の液体は、
尿であるという説と、愛液と同じ膣分泌液であるという説があります。実際のところ、正確にはわかっていません。




かず子かず子「へえ。愛液って血液の水分なのね!」
かず男かず男「そう。意外だよね。愛液には、スベリを良くして男性器をスムーズに受け入れるという大事な役割があるんだ。」



(男子)性の雑学


(女子)性の雑学