セックスの腰使い・ピストン運動

ヘッダー

セックスの腰使い・ピストン運動


セックスの仕方トップ > 男子 > 体位 > セックスの腰使い・ピストン運動

※女性の方は→(女子)セックスの動き方


<セックスの腰使い・ピストン運動>


腰の動かし方は、大きく分けて2種類あります。



腰使い11、ピストン運動


一番オーソドックスなのが、前後のピストン運動です。


コツは、2つあります。


腰使い2一つ目は、
ペニスを引くことを意識することです。


ペニスを引く時に、カリの部分が膣壁にひっかかることで、膣を刺激するからです。イメージとしては、のこぎりを引くような感じです。


二つ目は、
一定のリズムを保って動かすことです。


女性をイカせるためには、動きを遅くしたり早くしたりするよりも、単調なリズムでピストン運動をした方がいいといわれています。



2、回転運動


前後のピストン運動に対して、回転させる運動です。


まずは、ペニスを
根元まで深く挿入します。

腰使い3
次に、
「の」の字を描くようにして、腰を動かします。(イメージとしては、ペニスで膣内をかき回すような感じです。)


また、このとき、ペニスの恥骨をグリグリと押しつけると、クリトリスがこすれて女性は気持ちいいです。


実際は、膣の形など個人差がありますので、試行錯誤しながら、ベストな腰使いを研究するのがいいですね。



かず男かず男「へえ。ピストン運動って、早くしたり遅くしたりするのがいいのかと思っていましたよ。」

モテ兄さんモテ兄さん「もちろん、そういうやり方もあると思う。けど、女性をイカせるためには、ある程度の間、同じリズムで動いた方がいいんじゃないかな。」



(男女)体位