クリトリスを上手に愛撫するコツ

ヘッダー

クリトリスを上手に愛撫するコツ


セックスの仕方トップ > 男子 > 応用テクニック > クリトリスを上手に愛撫するコツ


<クリトリスを上手に愛撫するコツ>


クリトリスを上手に愛撫するには、以下4つのコツがあります。



1、じらす


愛撫の基本は、じらしです。たとえば、すぐにクリトリスをさわるのではなく、
太もも→女性器周辺→小陰唇→クリトリスというように、徐々に迫っていく方がいいです。


じらされることによって、女性はクリを愛撫されることを予感します。その結果として、感度が上がるわけです。反対にいえば、女性が心の準備ができていないのに、セックスの最初でいきなりクリをさわったら「痛い!」となりかねません。



2、ソフトタッチを心がける


クリトリスは女性の体の中で最もデリケートな部分のひとつです。強くさわると、女性は痛がります。最初は、ソフトタッチで愛撫することを心がけてください。


もちろん、女性によっては「クリを強く愛撫してほしい」人もいます。しかし、その場合は、徐々に強くしていき力加減を調整すればいいだけです。


万が一女性が痛がらないためにも、最初は弱すぎるくらいからスタートして、徐々に強くしていくのがベストです。


※また、クリを愛撫する前に、
愛液もしくは唾液で濡らしておくことが必要です。乾燥したままだと、摩擦で痛がることがあるからです。



3、様々な”面”から攻める


クリを上手に攻めるには、クリを単なる突起物としてではなく、多面体としてとらえることが大切です。

クリトリス

図のように、クリトリスは、先端、上面、下面、左側面、右側面、の5つのパーツに分けることができます。


「どこを触っても一緒でしょ?」と思われるかもしれませんが、実際には微妙に感度が異なります。たとえば、クリの先端を撫でるのと、下面から撫であげるのとでは、女性の感じ方が違ったりします。これは、女性によって最も感じる部分が異なるからです。


愛撫の時は「クリのどこの部分を攻めるか」も意識してみてください。



4、一定のリズムを保つ


最後に、変化をつけずに一定のリズムを保って愛撫することが大切です。


たしかに「リズムに変化をつけた方がいい」という意見もありますが、私の経験上、リズムを変えたら「なんで止めたの?」と女性からガッカリされることが多かったです。


もちろん、「女性が感じるスポット・強さで」ということが前提なのですが、、、いったん女性がイキそうになってきたら、変化をつけずに、ひたすら同じリズムで愛撫するようにしてみてください。



かず男かず男「ふーむ。クリトリスの愛撫は奥が深いですね。」
モテ兄さんモテ兄さん「そうだね。いずれにしても女性によって好みは違うので、
反応をみながらおこなうことが大前提だよ。」



(男子)応用テクニック