濡れやすい女性の特徴

ヘッダー

濡れやすい女性の特徴


セックスの仕方トップ > 男子 > 性の雑学 > 濡れやすい女性の特徴

セックスの仕方トップ > 女子 > 性の雑学 > 濡れやすい女性の特徴


<濡れやすい女性の特徴>


女性は性的に興奮すると、血液中の水分が膣内の粘膜からしみだして、濡れます。


「濡れやすい女性=感じやすい・H好き」と思われがちですが、どうやらちょっと違うようです。


実際には、{濡れやすいor濡れにくい}は
体質が大きく関係しています。


一般的に、女性ホルモンが安定している人、汗をかきやすい人、代謝がいい人は濡れやすいです。


女性の感度は関係ありません。


ですから、感じていても濡れない女性もいますし、感じていなくても濡れてしまう女性もいます。濡れやすいからといって、感じやすいわけではないんです。


{汗をかきやすい/かきにくい}と同じで、単なる体質の違いなんです。


体質以外には、次の3つの要素も関係しています。



1、水分


愛液は血液の水分がもとになっていますので、水分が不足していれば、濡れにくいということはあります。


ですから、
朝の寝起きは濡れにくいという女性が多いようです。



2、生理周期


女性には生理〜排卵日というサイクルがあります。


一般的には【排卵日→生理】の期間は濡れやすく、【生理→排卵日】の期間は濡れにくい、という傾向にあります。



3、緊張


濡れることには、メンタル面が大きく関わっています。


好きな彼氏とリラックスした状態でエッチをすれば、ビショビショに濡れますが、一方、
緊張した状態では、濡れにくくなります。



かず男かず男「濡れにくい女性の場合は、どうすればいいですか?」
モテ兄さんモテ兄さん「【愛撫をしっかりとする】ことだね。あせらず時間をかけて、じっくりと愛撫をおこなえば、女性の気持ちがほぐれて濡れると思うよ。」



(男子)性の雑学


(女子)性の雑学