ペッティングとセックスの違い

ヘッダー

ペッティングとセックスの違い


セックスの仕方トップ > 男子 > セックス雑学 > ペッティングとセックスの違い

セックスの仕方トップ > 女子 > セックス雑学 > ペッティングとセックスの違い


<ペッティングとセックスの違い>


ペッティングとは、英語のpettingのことで「愛撫」という意味です。簡単にいえば、
挿入しないセックスです。


セックスの全体の流れの中で、挿入を除いた部分がすべてペッティングになります。


「挿入しないセックスに意味があるの?」と思われるかもしれませんが、ペッティングをするメリットはあるのです。



1、ペッティングのメリット


(1)プレッシャーからの解放


男性は、挿入する時「きちんと勃つだろうか・・・」「早漏にならないだろうか・・・」などといったプレッシャーを感じることがあります。


ペッティングには挿入はありませんので、こういったプレッシャーから解放されて、エッチを楽しむことができます。


女性も同様に、「イカなくちゃ!」というイクことへのプレッシャーを取り除くことができます。


(2)生理のとき


セックスをしようとしたら、女性が生理中ということがわかって、お互い気まずい雰囲気になることがあります。そんな時は、ペッティングをしてみるのもアリです。



2、ペッティングのコツ


まず、男性側が
挿入を我慢しなければならない、のが大きな壁です(笑) 男性は、興奮して勃起したら「入れたい!」という衝動に駆られるからです。(→■セックスの男女の違い


射精したい場合は、女性にフェラ・手コキをお願いしましょう。


また、ペッティングでは挿入をしませんから、その分、
愛撫のテクニックが重要になります。男性でしたら、手マンクンニ、女性でしたら、フェラ手コキ、などです。


・・ペッティングをすることで、結果として、愛撫のスキルに磨きがかかるかもしれません。



かず子かず子「女性としては、挿入なしでも愛があればそれでOKよ。」
かず男かず男「・・・男性はどうしても挿入したいと思ってしまうんだよね。これも男女の違いかな〜。」



(男子)セックス雑学


(女子)セックス雑学