性交痛の原因と対策

ヘッダー

性交痛の原因と対策


セックスの仕方トップ > 女子 > セックスの悩み > 性交痛の原因と対策


<性交痛の原因と対策>


性交痛とは、セックス中に女性器に感じる痛みのことです。


主な原因は、以下の5つです。



1、性器の形・位置


女性器の形・位置によっては、セックス中に痛みが伴うことがあります。


代表的なのが、女性器の上付き・下付きです。上付きだと後背位(バック)で痛みを感じやすく、下付きだと正常位で痛みを感じやすいです。(正常位で痛む場合は、腰の下に枕をしくと緩和します。)


また、
子宮後屈といって、通常よりも子宮が背中側に傾いている場合は、性交痛を引きおこすことがあります。この場合、正常位では腰の下に枕をしく、後背位では、通常のバックではなく男女ともにうつぶせになる「うつぶせ後背位」にする、と痛みが解消されます。


体位については、男性に協力してもらうことも大切です。



2、男性のセックスが下手


男性のセックスが下手であれば、痛みを引きおこす原因になります。


たとえば、
激しい手マンをする、バックで膣奥をガンガン突くなどをされると「痛い!」となって当然です。これは、性器の形とかいう以前に、男性の配慮が足りないだけです。


にもかかわらず、現実には、痛くても男性に訴えることができずにいる女性が多いようです。相手男性が好きだから言いづらい気持ちはわかります。しかし、そのまま我慢していると、しまいには、セックスそのものに恐怖心が植えついてしまうので注意が必要です。



3、心理的な原因


過去のセックスで心理的なトラウマがあると、性交痛をおこす原因になります。


代表的なのが
ワギニスムス(膣痙攣)です。これは、緊張により膣内の筋肉が硬直して、男性器を挿入すると激痛が走る という症状です。


こういった症状には心理的な原因があるので、我慢すれば慣れるというものではありません。パートナーに協力してもらって、少しずつ恐怖心を取り除いていくしかないです。



4、陰毛の巻きこみ


陰毛が長い、あるいは毛質が硬いと、挿入中に毛が巻き込まれて痛いことがあります。このような事態を避けるために、日頃からアンダーヘアの処理をおこなうことをおすすめします。


※また、まれに挿入中に小陰唇(ビラビラ)を巻き込んでしまうことがあるので注意が必要です。



5、病気


子宮内膜症、外陰炎などの病気が原因で、性交痛を引きおこしていることも考えられます。(※子宮内膜症・・子宮内膜の増殖による疾患。 ※外陰炎・・性器(外部)の炎症。)これらの心配がある場合は、産婦人科に行かれることをおすすめします。



かず子かず子「性交痛って、なかなか人には言いずらいのよね〜。」
愛され姉さん愛され姉さん 「我慢すると、セックスがますます辛いものになるから良くないの。こんな時こそ、パートナーの協力が欠かせないと思うわ。」



(女子)セックスの悩み