処女とのエッチで気をつけること

ヘッダー

処女とのエッチで気をつけること


セックスの仕方トップ > 男子 > セックスの悩み > 処女とのエッチで気をつけること


<処女とのエッチで気をつけること>



女性にとって、はじめてのセックスは、その後の{セックス観}に大きな影響を与えます。


たとえば、はじめてのセックスで半ば無理やりされた場合、女性はその後もセックスに対して恐怖心を抱くようになります。


反対に、心から気持ちのいいセックスであれば、『セックスは素晴らしいものだ』と思うようになります。


女性の{セックス観}は、はじめての男性によって左右されるんです。


ですから、相手が処女の場合は、
思いやりをもって、上手にリードしてあげましょう。



1、無理に挿入しない


私がはじめて処女とセックスをした時は、何時間も奮闘した上で、結局入れることができませんでした。


処女の場合、膣口が狭くとても挿入しずらいのです。※ここで無理やり入れると、女性は痛がります!


ですから、前戯によってしっかりと濡らしておくことで、挿入しやすい状態にしておきます。※あるいはローションを使うのもOKです。


また、どうしても彼女が痛がる場合は、挿入しないのも思いやりです。愛撫とキスだけでも十分に女性を満足させることはできます。



2、前戯をしっかり行う


はじめての女性は、挿入しても痛いだけで全然気持ちよくないことが多いです。


挿入そのものよりも、前戯を重視した方がいいと思います。


男女の違いにありますように、女性は肉体的快感よりも、『愛されている』という精神的な喜びを大事にします。


ですから、愛撫の際も指使いやテクニックで女性を無理にイカせようとするのではなく、思いやりや愛情をしっかりと注ぐことに力をいれることが大切です。



かず男かず男「なるほど。相手への思いやりが一番大事なんですね。」
モテ兄さんモテ兄さん「その通り! 男性は欲望のままにやるのではなく、思いやりをもってリードしてあげよう。」



(男子)セックスの悩み