早漏になりやすい体位・なりにくい体位

ヘッダー

早漏になりやすい体位・なりにくい体位


セックスの仕方トップ > 男子 > 体位 > 早漏になりやすい体位・なりにくい体位



<早漏になりやすい体位・なりにくい体位>


一般的に(男性が)イキやすい体位・イキにくい体位というのがあります。

早漏の方は参考にしてみてください。



1、早漏になりやすい体位


早漏になりやすい体位の代表格が
騎乗位です。


騎乗位といっても色々ありますが、特に女性が上下に動く騎乗位が最もイキやすいといわれています。


騎乗位
騎乗位


理由は、完全に女性にペースを持っていかれ、自分でコントロールできないからです。(また、女性の胸が揺れて視覚的に興奮することも理由の1つです。)



私自身、色々な体位を試しましたが、やはり騎乗位が一番イキそうになります。


そんな時は、いつも体位を変えることで乗り切っています。


さきほどの騎乗位から、女性の腰をつかみ、抱きついて上体をグッと引き寄せます。

すると、以下のような体位になります。


抱きしめ騎乗位
抱きしめ騎乗位

この体位だと、女性の腰を押さえて、自分のペースで動くことができるので、早くイクのを防ぐことができます。


騎乗位に耐えきれなくなったら、試して下さい。




2、早漏になりにくい体位


早漏になりにくい体位の代表格は、側位と後背位です。


側位とは、男女が横に寝そべって交わる体位ですが、中でも、女性が男性に背中を向ける
「背面側位」がイキにくいです。


背面側位
側位


側位は腰を動かしにくいため、激しいピストン運動ができません。なので、腰を動かし過ぎて早くイッてしまう恐れがないんです。


体力を消耗しない体位なので、長時間交わるスローセックスにも向いています。



側位の次に、早漏になりにくい体位が、
後背位です。いわゆるバックのことですね。


後背位
体位バック


後背位は、男性主導で動くことができるため、射精をコントロールしやすいです。


また、女性の顔や裸が見えないため、視覚的に興奮しづらいこともあります。(その代わり、征服欲をくすぐるポーズですが。)



・・ただし、バックだと、ついつい激しく腰を動かしてしまいがちなので、イキそうになったら即座に動きをやめて我慢するように気をつけてください。




かず男かず男「どれが一番早漏になりにくい体位なんですか?」

モテ兄さんモテ兄さん「一番は側位だね。バックもいいけど、腰を動かしすぎてイッてしまうことがあるから。」



(関連)■早漏の悩み



(男子)体位